食事・ダイエット方法

血糖値の急降下で起こりやすい症状は?食事制限で気をつけるべきこと

血糖値が高いことを気にする人は多いですよね。しかし血糖値が急降下してしまうとどのような症状が起こりやすいか、知っていますか?

うさ子
うさ子
血糖値が急降下することもあるの?一体どうなってしまうの?

血糖値は下げればいいというものではないんですよ!ダイエットのために無理な食事制限をすると、急降下の原因にもなります。

そこで今回は、血糖値の急降下で起こりやすい症状や食事制限で気を付けることについて、ご紹介します。

今まさにダイエットで食事制限中、という方は是非ご覧くださいね。

血糖値が急降下するとどうなる?

ダイエット中や年齢が上がるにつれて、血糖値の上昇は気になることが多いですよね。もちろん血糖値が急上昇することはよくありません。

ですが、もう一つ気にして欲しいことが血糖値の急降下です。ではどのような症状が起こってしまうのでしょうか?

まず、血糖値が低くなりすぎると、自律神経症状が現れます。主な症状は発汗や手足の震え、動悸、脈が早くなる、不安になるといったことが起こります。

また、強い空腹感や吐き気などが起こることもあり、これらは血糖値が下がりすぎに対し、身体からの警告症状ととらえられているのです。

うさ子
うさ子
低血糖でこんなにたくさんの症状があるのね。

さらに血糖値が低下すると中枢神経症状が現れ、目のかすみ・物が二つに見える・頭痛・集中力の低下・体に力が入らない・眠くなる・意識が遠のくなどの症状が現れます。

ぴよ先生
ぴよ先生
これらの症状は、低血糖のために脳の細胞が正常に働きにくくなったために起こったものなんだ。

血糖値が急降下してしまった場合は、すぐに血糖値を上げてあげないと、意識障害や昏睡に陥る危険もあります。

しかしこれは最悪の場合の出来事で、すべての方がこのような症状が現れるわけではありません。

もし低血糖になってしまったら、そのときの症状をしっかりと覚えて、次になった時にすぐに対処できるようにしておきましょうね。

この知識を持っているだけでも、周りの誰かが低血糖になってしまった時にすぐに対応できますよ。

うさ子
うさ子
知れてよかった!今後のために忘れないでおこう。

また血糖値が急上昇や急降下することを「ジェットコースター血糖」とも例えられていて、何度も繰り返すことによって動脈硬化が進行し、心筋梗塞や脳梗塞を引き起こしやすくなってしまいます。

とても危険な血糖値の急降下ですが、その原因はなんなのでしょうか?

血糖値が急降下するのはなぜ?

低血糖の主な原因がこちらです。

・食事の量や炭水化物の不足

・薬を使った後の食事時間の遅れ

・過度な運動をしているとき、過度の運動後

・空腹での運動

・インスリン注射や薬の量が多い

・飲酒

・入浴

最初の炭水化物の不足というのは、まさにダイエット中に起こりやすい出来事ですね。そもそも摂取する糖質が少ないのは、誰にでもわかることです。

過度な運動や空腹での運動にもつながってきますね。糖質を含む炭水化物は主に体のエネルギーとなる大切な物質です。

ぴよ先生
ぴよ先生
運動をするためのエネルギーが足りていないがために、低血糖という症状が現れてしまうんだ。

スポーツ選手が過度に運動をしていても低血糖にならないのは、しっかりと食事をとっているからなんです。プロの方は信じられないくらい食べたりしていますよね。

それでも太らないのは食べる量と運動量がきちんとあっているからです。ここのバランスが崩れてしまうと、低血糖や逆に高血糖といった肥満にもつながってしまいます。

また、糖尿病の方はインスリン注射で血糖値を下げますが、間違って薬の量を多く入れてしまうと、過度に血糖値が下がり低血糖状態になってしまいます。

こういった薬を使っている場合は、しっかりと血糖値を測ることが大切ですよ!

ではダイエット中の方はどのように食事制限をしていけばいいのでしょうか?

食事制限で気を付けることは?

食事制限で一番重要なことはバランスです。痩せたい、体重を落としたい、からと言って食べる量を極端に減らすのはいけません。

1つの食品だけを食べ続けたりするのもNGです。正しく痩せるポイントは栄養バランスを崩さないことにあります。

うさ子
うさ子
そうだったの?

血糖値が気になって炭水化物を食べなくなった、という方もいるでしょう。確かに血糖値は上がりませんが、逆に低血糖になる恐れも

そもそもエネルギー不足で日常生活に支障が出てしまう場合もあります。ダイエットを始めて体がだるい、やる気が出ない、なんて人はやりすぎだという事を自覚しましょう。

上手く食事制限をするには、

・お米を少し減らして、その分豆腐やこんにゃくで代用する。

・肉や魚を多めにとる。

・野菜類から順に食べ、炭水化物を最後に食べる。

・ゆっくり噛む。

・調味料を少なくする(無添加や減塩などを利用するなど)

ダイエットをする上で、食事自体は食べ過ぎなければそこまで気にすることはありません。食事制限だけで痩せられるのは、すでにかなり体重がある方だけです。

ただ、バランスのいい食事は健康にとてもいいのでおすすめですよ。そのうえで、痩せたいのであれば、軽い運動や階段利用・一駅歩くなどの日常生活を改善していきましょう!

まとめ

血糖値が急降下してしまうと体がだるかったり、目がかすむなどの症状や、死に至る危険な病気になる場合もあります。

ダイエット中にこういった症状を感じたことがある方は多いのではないでしょうか。それは食事制限によるエネルギー(糖質)が足りていなかったからです。

糖質は摂りすぎにだけ注意しつつ、しっかりと食事をとって体を動かして、楽しい生活を送ってくださいね!